フロートリグの作り方 竿・リール・リーダーの長さも細かく解説

  • URLをコピーしました!

フロートリグタックル一覧表

スクロールできます

<フロート5g未満>
中通しタイプ
環付きタイプ

<フロート5g以上>
中通しタイプ
環付きタイプ

<フロート5g未満>
後付けタイプ
メイン
リーダー
太さ:8〜12ポンド
長さ:100〜200cm
太さ:8〜12ポンド
長さ:100〜200cm
太さ:4〜8ポンド
長さ:100〜200cm
ワーム側
リーダー
太さ:4〜8ポンド
長さ:60〜80cm
太さ:6〜10ポンド
長さ:60〜80cm
竿7ft以上
ルアーウェイト5g未満
8ft以上
ルアーウェイト5g以上
エギングロッドも可
7ft以上
ルアーウェイト5g未満
リール1000番〜2000番2500番〜3000番1000番〜2000番
リールに巻く
ライン
PE0.2号〜0.4号PE0.5号〜0.6号PE0.2号〜0.4号
フロートリグタックル一覧

フロートリグを作りたいけど、作り方が分からない。

竿やリールはどんなのがいい?

アジやメバルをフロートリグで釣ろうと思っても、作り方が分かりにくいですよね。

この記事で3種類のフロートリグの作り方と、フロートリグに適した竿・リール・ラインを解説します。

筆者自身、フロートの重さやラインの太さがよく分かりませんでしたが

10種類上のフロートを購入して5年以上フロートリグで釣りをした結果、最適な仕掛けの作り方が分かるようになりました。

筆者

フロートリグを使えるようになって、感じるメリットはたくさんあります。

フロートリグのメリット
  • 釣り方が簡単(数秒に1回リールを巻くだけ)
  • 誰も狙っていない50m以上先のポイントを狙える
  • ワームを表層で留めて、メバルへのアピール時間が長くなる
  • 表層にいる活性の高いメバルが釣れる
  • 流れが早い時でも、表層をキープして釣りができる。

フロートリグで周りの釣り人が狙っていないポイントを狙えるので、アジやメバルの釣果アップに繋がります。

この記事で必要な釣具と作り方を確認して、フロートリグで釣果アップを目指してください!

この記事を書いた人
さそり
  • 釣り歴25年
  • 単身赴任の週末アングラー
  • 家族サービスと釣りの両立に奮闘中
  • 明石近郊の釣り場がホームグラウンド

Twitter:(@sasori1091)

目次

フロートリグは3種類

フロート

代表的なフロートリグは3種類です。

使い分け方は、こんな感じがおススメ。

  • 初めてフロートリグを使う⇛中通しタイプ
  • とにかく遠投したい⇛環付きタイプ
  • ジグ単メインで釣りたいけど、たまにフロートにしたい⇛後付タイプ

筆者がフロートリグで初めてメバルを釣ったときは中通しタイプを使いました。

筆者

シンプルなので、釣りやすいリグです。

「フロートの選び方から詳しく知りたい!」という釣り人はこちら。

中通しタイプのフロートリグの作り方

  • リールに巻いたPEラインにメインリーダーを直結
  • メインリーダーにフロートを通して、スイベルに結ぶ
  • スイベルにワーム側リーダーを結ぶ
  • ワーム側リーダーの先にスナップを結ぶ
  • スナップにジグヘッドを付ける
  • 完成!!

ポイント(リーダーの太さ)

リーダーの太さ
  • メインリーダー:8ポンド〜12ポンド
  • ワーム側リーダー:4ポンド〜8ポンド

メインリーダーよりもワーム側リーダーを細くして下さい。

メインリーダーを細くすると、リーダーが切れた時にフロートごと紛失するリスクが高くなります。

5g以上のフロートの場合

フロートが5g以上の場合は、リーダーは少し太めの組み合わせをおススメします。

リーダーの太さ(5g以上のフロート)
  • メインリーダー:10ポンド以上
  • ワーム側リーダー:6ポンド以上

少し太めのリーダーにすることで、キャストする時にリーダーが切れるリスクを少なくできます。

筆者

12ポンド(3号)であれば、20gのフロートをキャストしても切れません。

ポイント(リーダーの長さ)

リーダーの長さ
  • メインリーダー:100cm〜200cm
  • ワーム側リーダー:60cm〜100cm

ワーム側リーダーの長さは60cm〜100cmが目安です。

筆者

筆者は60cmで釣り始めて、釣れなければ100cmにしています。

メバルの活性が高い時は60cmのリーダーでも良くアタリました。

アタリがあっても乗らない時は、ワーム側リーダーを長くしてスローに巻いていると、ヒットする確率が上がる印象です。

筆者が使っているリーダーとスイベルはこちらです。

環付きタイプのフロートリグの作り方

  • リールに巻いたPEラインにメインリーダーを直結
  • メインリーダーをスイベルに結ぶ
  • スイベルにワーム側リーダーを結ぶ
  • ワーム側リーダーの先にスナップを結ぶ
  • スナップにジグヘッドを付ける
  • フロートにスナップを付ける
  • スナップに12〜20ポンドのラインを結ぶ
  • もう片方にスナップを結ぶ
  • スナップをスイベルに取り付ける
  • 完成!!

ポイント(リーダーの太さ)

リーダーの太さ
  • メインリーダー:8ポンド以上
  • ワーム側リーダー:6ポンド以上

環付きタイプのフロートは、ほとんどが5g以上。

そのため、リーダーは太めがおススメです。

中通しタイプ5g以上のフロートと同じで、細いリーダーはフルキャストすると切れるリスクがあります。

筆者

筆者はメインリーダーは常に12ポンド(3号)を使っています。

ポイント(リーダーの長さ)

リーダーの長さ
  • メインリーダー:100cm〜200cm
  • ワーム側リーダー:60cm〜100cm

リーダーの長さは中通しタイプと同じでOKです。

ポイント(フロートの付け方)

環付きタイプのフロートは、画像のようにスナップとラインを用いた取り付けがおススメです。

スナップを使うとフロートの交換が簡単になります

筆者が使用しているスナップとラインはこちら。

筆者

フロート用のラインが太いほど絡みにくいです。

環付きタイプのフロートを使った釣行記はこちら

後付けタイプのフロートリグの作り方

ポイント(フロートをつける場所)

フロートをつける位置
  • ジグヘッドから60cm〜80cmの距離

ジグヘッドから60cm〜80cmほど距離を取ってリーダーに付けてください。

80cmを超えるとジグヘッドまでの距離が長すぎてキャストしにくくなります。

使いやすい後付タイプのフロートはこちら

ソアレアウトシュートを使った釣行記はこちら

フロートリグに最適な竿・リール・ライン

フロートリグに適した竿・リール・ラインは、フロートの重さにより異なります。

  • パターン①:フロートが5g未満の場合
  • パターン②:フロートが5g以上の場合

フロートが5g以上の場合は、重さに耐えれる竿・リール・ラインを使わないと釣りができません。

筆者

専用のタックルが必要ですが、遠投できることで狙える範囲が広がります。

竿:専用竿かエギングロッド

フロートリグ用の竿
  • フロートが5g未満の場合:7ft以上のアジングロッド・メバリングロッド
  • フロートが5以上の場合:8ft以上の専用竿かエギングロッド

フロートが5g未満の場合

フロートが5g未満の場合は、ほとんどのアジングロッドやメバリングロッドが使えます。

代表的な竿は

  • シマノ ソアレbb
  • ダイワ 月下美人
  • メジャークラフト ファーストキャスト

ほとんどのアジングロッド・メバリングロッドは5gまでのフロートの重さに耐えれる竿です。

竿が長いほど遠投できるので、竿の長さは7ft以上がおススメです。

フロートが5g以上の場合

フロートが5g以上の場合はオモリ負荷5g以上の専用ロッド、もしくは柔らかめのエギングロッドが必要です。

長さは8ft以上がおススメ。

10gや15gの重さに耐えれる竿でないと、竿の破損に繋がったり、十分に遠投できなかったりします。

筆者

筆者が使っているフロートリグ専用の竿は2つあります。

  1. シマノ ソアレSS S86ML-S
  2. メジャークラフト CRX-T862M

CRX-T862Mは比較的安価でフロートリグ初心者におすすめです。

CRX-T862Mの詳細はこちら。

ソアレSS S86ML-Sは安くないですが、魚の引きを楽しめて遠投もできるおすすめのフロートリグ用ロッドです。

ソアレSS S86ML-Sの詳細はこちら。

エギングロッドはデメリットもあり

フロートが5g以上の場合、エギングロッドでも代用可能です。

筆者

ただし、専用竿ではないので釣りを楽しめないデメリットがあります。

エギングロッドとフロートリグ専用ロッドを比較した記事です。

実際にエギングロッドを使ってフロートリグでメバルを釣った釣行記です。

リール:2000番までor2500番

フロートリグ用のリール
  • フロートが5g未満の場合:リールは1000番〜2000番
  • フロートが5g以上の場合:リールは2500番〜3000番

フロートが5g以上の場合はラインが太くなるので、太めのラインをたくさん巻けるリールが必要です。

筆者

PE0.6号が150m以上巻けるリールであれば大丈夫です。

5g以上のフロートを使うときは遠投するときです。

リールのラインが何十mも出てるときにラインが切れても、残りのラインが多ければ釣りを継続できます。

コスパ重視でリールを選びたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ライン:PEライン0.2号〜0.6号

フロートリグ用のライン
  • フロートが5g未満の場合:PE0.2号〜0.4号
  • フロートが5g以上の場合:PE0.5号〜0.6号

フロートが5g未満の場合、ラインに大きな負荷はかからないので細めのPEラインで大丈夫です。

しかしフロートが5g以上の場合は注意。

キャスト時にラインにかかる負荷が大きくなるので、PEライン0.5号以上を使ってください。

筆者

筆者はエギング用のPE0.6号を使っています。

5g以上のフロートを使う場合はエギング用のリールとPEラインをそのまま使ってOKです。

5g未満のフロートの場合、エギング用のPEライン(0.6号以上)は飛距離が出ないのでおすすめしません。

フロートリグ用ジグヘッド・ワーム

ジグヘッド:0.2g〜0.4g

0.2g〜0.4gのジグヘッドであれば、好きなジグヘッドを使ってOKです。

0.5g以上の重たいジグヘッドを使うと、早く沈んでしまうのでフロートリグのメリットが失われます。

最初はこれを使えば問題なくフロートリグが使えます。

筆者

ワームストッパーが付きで遠投してもワームがズレにくく、フロートリグ向きです。

フックサイズに注意

ジグヘッドの重さが同じでも、フック(針)のサイズを魚の大きさに合わせる必要があります。

  • フックサイズ#6〜#8:大型のアジ、メバル狙い
  • フックサイズ#10〜#12:中・小型のアジ、メバル狙い
  • フックサイズ#14〜#16:豆アジ狙い
筆者

釣れる魚の大きさがわからない場合、#10・#11・#12のいずれかを選べば大丈夫です。

オモリ無しの針も便利

ジグヘッドではなく、オモリのついていない針を使うこともあります。

砂浜や藻場など、ワームをあまり沈ませたくない時に使いました。

筆者

砂浜からの釣りでよく使います。

おすすめワーム3種類

ワームは時期や釣り場によっておススメが異なりすぎます。

コレが釣れる!と一概に言い切れないので、今回は僕が愛用しているワームベスト3を紹介します。

1位:ボンビーワーム

2位:ブループ

3位:プロマキシマスクイーズ

ボンビーワームはこちらで購入可能

レベロクSHOP「Junkfish」 powere...
レベロクSHOP「Junkfish」 powered by BASE 海ナシ県奈良発のソルトルアーガレージメーカー!釣具業界20年…満を持して?LEVEL6(通称レベロク)として独立開業&ショップ開設!アジングメバリングなどのライトゲームを...

ブループとプロマキシマスクイーズの紹介したカラーはこちらで購入可能。ボンビーワームも売ってます。

つり具つりえさ 高田屋 WEBSHOP po...
つり具つりえさ 高田屋 WEBSHOP powered by BASE 神戸市舞子の釣具屋、高田屋のオフィシャルウェブショップです!

まとめ

3種類のフロートリグの作り方を解説しました。

フロートリグタックル一覧表

スクロールできます

<フロート5g未満>
中通しタイプ
環付きタイプ

<フロート5g以上>
中通しタイプ
環付きタイプ

<フロート5g未満>
後付けタイプ
メイン
リーダー
太さ:8〜12ポンド
長さ:100〜200cm
太さ:8〜12ポンド
長さ:100〜200cm
太さ:4〜8ポンド
長さ:100〜200cm
ワーム側
リーダー
太さ:4〜8ポンド
長さ:60〜80cm
太さ:6〜10ポンド
長さ:60〜80cm
竿7ft以上
ルアーウェイト5g未満
8ft以上
ルアーウェイト5g以上
エギングロッドも可
7ft以上
ルアーウェイト5g未満
リール1000番〜2000番2500番〜3000番1000番〜2000番
リールに巻く
ライン
PE0.2号〜0.4号PE0.5号〜0.6号PE0.2号〜0.4号
フロートリグタックル一覧

フロートリグは作るのがめんどくさいですが、使えるようになれば狙えるポイントが倍増。

釣果アップにつながります。

砂浜からのアジングや、藻場でのメバリングなど、ジグ単では難しいポイントで釣ることができるのです。

筆者

フロートリグを使って周りの釣り人が狙っていないポイントを狙いましょう!

以上、フロートリグの作り方でした。

ダイソーのケースを使ってフロートを収納する方法はこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次